親ばかパパの子育て日記

キャンピングトレーラーであっちへこっちへ!

2022.12 瀬戸内の旅②(後半) 〜 国営讃岐まんのう公園のイルミネーション 〜

 「国営讃岐まんのう公園」を楽しんだ一日。午後はキャンプ場で休憩し、そして夜の部へと突入しました。お楽しみはイルミネーションです。

 イルミネーションって、ホント寒いんですけどねぇ…けれど、やっぱり見に行きたくなってしまいます。ここの嬉しいところは、キャンプ場からすぐのところで見られること。なので、お風呂を済ませてから、開始時間に合わせて再び「まんのう公園」を目指すことにしたのでした!

 

 

 まんのう公園キャンプ場 〜 ホッ!とステイまんのう 〜

 

 さて、14時になったのでキャンプ場に入りました。

 4年ぶりのキャンプ場なのでとても懐かしいです。お値段は少し張りますが、設備が整っている上に自然との調和がバランスよく作られた気持ちのいいキャンプ場です。

 ちなみに、今回もキャンピングカーサイトを利用しました。キャンピングカーサイトはNo.2〜No.6までの5サイトがありますが、No.6だけが右エントランス対応ですよ!

 

  前回は4泊もしたので、子ども達もこのキャンプ場のことを思い出したみたいです。かなりのハイテンション。

 そうそう、話は脱線しますが…

 

 長女が、

靴が壊れた…

 というので見てみたら、こんな状態に…。壊れたというか、靴底がすり減ってきてゴムが剥がれてしまったんだね。

 

 運良く、工具セットの中にゴム用ボンドがあったので修理しておきました。

 子どもの靴は高いからねぇ〜。もうしばらく使ってもらわないと困ります。だって、パパが履いてる靴より高いんだから。

 

 さて、お風呂に行きますかぁ〜。

 

 キャンプ場の管理棟にあるお風呂。元々は男女別だったのですが、コロナ対策で貸切りの家族風呂になっていました。

 小さい子どもがいると家族風呂って本当に助かります。着替えも身体を洗うのも手伝いが必要ですから、大人一人でやるのと二人でやるのでは効率が全然違います。けれど、子どもが大きくなったらどうすればいいんだろう…?パパだけ入れてくれなくなるのかな?

 

 サイトに戻った後は自由時間。湯冷めしちゃうからトレーラーの中で遊びな、って言っても外で遊びたがる人達でした。

 そうそう、今回の旅行は8泊9日の予定ですが、キャンプ場に泊まるのはこの日1泊だけの予定です。なので、荷物削減のためにキャンプ道具は持ってきませんでした。しかし、子ども達からはブーイングの嵐。

なんで、焚き火台持って来てくれなかったのよぉ〜!

 って。そうねぇ〜、焚き火台くらいはあっても良かったのかなぁ〜。しかしね、この後はまだイベントがあるんです。たぶん、持ってきても焚き火をする時間はなかったよ。

 

 夜のお楽しみはイルミネーション!

 

 16時半になりました。再び、まんのう公園に移動です。目的はイルミネーション。

 うっひゃぁ〜!昼間はあんなにスカスカだった駐車場が、あとちょっとで満車!キャンプ場の受付でも、「17時を過ぎると3時間待ちくらいになります」と聞いてはいたので少し早めに来たのですが、これは凄いぞ!

 

 雪が残っているというのに、意外に温かい夕方でした。気温は9℃とのこと。この気温なら助かるな。

 ちなみに、長女と次女は4年前にここで見たイルミネーションの記憶はないようです。まぁ、当時4歳と3歳だからね。仕方ないか。今日は改めて、記憶を上書き保存しておいてもらうことにしましょう。

 

 17時ピッタリにスイッチオン!

 始まりました!

 

 まだ明るい時間なので迫力はイマイチですが、それでもなかなかの演出であることがわかります。

 さて、この後は刻々と雰囲気が変わっていきますよ!

 

 来ました来ました!

 盛り上がって来たぞぉ〜!

 

 すごいぞ、すごいぞぉ〜♪

 

 長男は爆睡中。キャンプ場から公園へ移動する車の中からずっと寝てます。

 目を覚ました瞬間にこんな風景が飛び込んできたら、さぞかしビックリするでしょうねぇ〜。

 

 少しずつ少しずつ空が暗くなり、そえに合わせてイルミネーションの光が濃くなっていきます。

 それにしてもすごい演出だなぁ〜。これを企画した人、楽しかっただろうなぁ〜。

 

 一番お撮影ポイントはここかな?ハートのアーチでの撮影は順番待ちになっていましたが、我が家も並んで記念写真をパシャリ。

 丘の上から見下ろすイルミネーションの世界は感動ものでした。

 

  

 長女は言葉が少なげなだ、と思っていたら、

すごいきれい

 なんて言葉をポロリとこぼしていました。感動して言葉を失っていたみたいです。

 

  

 1時間ほど歩いたのでそろそろ切り上げることにしました。

 「寒くない」なんて書いてしまったけど、時間が長くなるとやっぱり寒いです…十分満足しました!

 

 そうそう、長男は途中で目を覚ましました。最初は寝起きでボォ〜ッとしていたけど、かなり真剣に光の世界を見つめていた様子。最後に見られてよかったよ。

 そして、段々と目が覚めてきてからは、何度も、

きれいねぇ〜。

 って、言っていました。最近、少しずつ言葉が出るようになってきた長男ですが、そんなふうに気持ちを言葉で表現できるようになったなんて、すごいじゃないの!

 

 最後に姉弟3人で記念写真。きれいなもの見られて良かったね!

 そして、

それじゃぁ、帰ろうか。

 って言った瞬間に…土砂降りの雨!なんてすごいタイミングだ!

 すかさずデリカまでダッシュをして、キャンプ場への帰路ついたのでした。

 

 遅い時間になってしまいましたが、夕食。キャンプ場への帰り道の車で寝ちゃわないか心配してましたが、なんとか大丈夫でした。

 そんなこんなで、朝から夜までを満喫した「讃岐まんのう公園」でした。2回目だからね、1日でもかなり満足した感じです。

 さて、明日は「しまなみ海道」へ移動します!

 

 備忘録

 

12月25日(日)

 

RVパーク仏生山の森8:40→9:30国営讃岐まんのう公園

 

この日の走行距離:牽引あり29km+牽引なし13km=42km

この旅での走行距離:牽引あり670km+牽引なし22km=692km

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ