親ばかパパの子育て日記

キャンピングトレーラーであっちへこっちへ!

2022.4 富士川クラフトパーク 〜 甘やかされっぱなしの末っ子長男 〜

 三寒四温という言葉の通りの今日この頃ですが、晴れた日にはシャツ一枚で過ごせるくらいの気候になってきました。隔週でスキーに行っていた日々の思い出なんて、遠い昔の話みたいです。

 季節の移り変わり、時の流れの早さ(速さ)に気付かされると同時に、そのスピードで自分が歳をとっているということに気付かされるパパでもあります。はぁ…頑張って、もっと遊ばないと!

 さて、暖かくなってきたということで久しぶりのキャンプです。今回は私達の"行きつけ”のキャンプ場である、「ターキーズハウス」を目指すことにし、チェックインまでの時間は「富士川クラフトパーク」で遊ぶことにしました。ここへ遊びに来るのは3年ぶり…かな?子ども達の成長ぶりが見られるのを楽しみに、公園へ向かいました。

 

 

 出発は金曜日の夜。土砂降りの雨の中、下道を走り続け、夜中の0時半に公園に到着しました。そして、そのままP泊。こちらの駐車場は「道の駅」と「公園」の駐車場を兼ねているのでかなりの台数が入れます。そして、国道からは少し逸れたところにあるからか、大型車スペースにトラックが入ってくることは滅多にありません。

 しかしながら、唯一の欠点は大型車スペースに限ってかなりの傾斜があるんですよね…。画像の位置からだと、「後ろから前へ」「左から右へ」かなり傾いていて、レベラーを使っても水平を出すことができません。まぁ、仕方ないですけどね。

 

 パパはゆっくりと7時に起床。二段ベッドの上で寝ていた長女は外がまだ暗い時間から起きて常夜灯の下で本を読んでいたそうです。

目が悪くなるぞ…。

 そして、次女も起き出すとグラノーラを出して二人で朝ご飯に食べたそうな。そして、食後も二人して本に没頭していたようです。我が家はテレビもゲームもないので、本が唯一の娯楽になってしまっています。まぁ、悪くはないのかな?

 

 さぁ〜て、パパも朝ご飯を済ませました。

 公園へ行きますかぁ〜♪

 

 ここは山梨県立の「富士川クラフトパーク」。

 53ヘクタール(東京ドーム約11個分)という広さを誇る大規模公園です。一日いても遊びきれないかもしれません。

 

 子ども達は3年前に来たことなど覚えていない様子でしたが、園内に入ってみると少しずつ記憶が蘇ってきたようです。

 アスレチックを目指して、さっさと先に行ってしまいました。

 

オレも行くぅ〜♪

 

 「ふわふわドーム」はまだ営業時間前でした。

 なので、さらに上にあるアスレチックを目指します。

 

 おぉ!青空が見えてきたぞぉ〜!

 実は、この週末の天気予報は雨だったんです。4月だというのに、台風が関東南岸を通過するとのことで…。

 今回は「キャンプデビュー」の友人ファミリーが一緒なので、決行か?中止か?直前まで悩みました。初めてのキャンプで雨に降られたら、いい思い出が残らないじゃないですか!しかしね、木曜日になってから天気予報が変わりました。台風の速度が上がったんです!よって、「決行!」となったのでした。

 実はこの時間、神奈川は土砂降りの雨だったそうな。なので、友人ファミリーは「本当に晴れるの?」とビクビクしながら出発してきたそうです。(笑)

 

 アスレチックに到着ぅ〜♪

 長女と次女はすでに遊びまわっていました。

 

 昨夜の雨で遊具はビチョビチョ。しかし、そんなのお構いなしに遊んでいました。なので、二人ともお尻はビチョビチョです。まるでオネショをしたみたい。

 まぁ、遊んでいればすぐに乾くかな。

 

 どんどんと雲が切れ、日差しが差し込んでくるようになりました。日差しの下、新緑が眩しいくらいに輝いています。

 というのも、今回は台風の影響で2日間も大雨が続いたんです。その雨のおかげで空気がきれいに洗われたのかな?すごくいいタイミングで遊びに来ることができました。

 長男もこの景色の気持ちよさがわかるみたいで、山や空を指さして「うー」とか「あー」とか何か言っていました。

 

 ねーちゃん達二人に遊んでもらっている長男。

 甘やかされて可愛がられて育ってますな、末っ子長男。

 

 こんな時間なので、アスレチックは貸し切り状態です。

 子ども達は次から次へと場所を変えて遊んでいました。

 

 憧れの秘密基地!?

 

 レストランが開店し、パパはお客さんとして付き合わされました…。

 

 3年前にもここで遊んだことを思い出すと、二人は随分と成長したんだな、と関心させられます。

 運動神経に関しては…パパはもう抜かれてしまった気がします。

 

 そして、こうやって弟の面倒を見てくれるという頼もしい助っ人にもなりました。

 最近は3人でお風呂に入ってくれるし、着替えもしてくれるし、おむつ交換もやってくれることがあります。パパとママは随分と助けられていますよ。 

 ちなみに、長男はママに怒られると、ねーちゃんのところに逃げるそうです。(笑)

 

 芝生の広場も満喫。

 次女の側転は随分と足が上がるようになってきました。家の中で定期的に練習しているだけありますな。

 

 10時が近づくとあちこちから子ども達の歓声が聞こえてくるようになりました。

 下をのぞいてみると、「ふわふわドーム」が膨らんでいます。よし、行くか!

 

 子ども達は好きですよね。ふわふわドーム。

 長男はちょっとの揺れで吹き飛ばされそうになりますが、ここでもねーちゃん達に甘やかされ可愛がられながら楽しそうでした。

 

 それにしても、よくまぁ、こんだけ飛び続けられるもんです。

 パパがやったらアキレス腱が「ブチッ」といっちゃいそう…。

 

疲れたから、寝〜よぉ。

 なんて寝に入っていましたが…野生人というか、自由人というか。

 

 そろそろキャンプ場に向かう時間が近づいてきました。そして、お腹も空いてきました…という訳で、トレーラーに戻っておやつタイム。

 大阪の従姉妹が、次女の入学祝いにと送ってくれたクッキー。もちろん(!?)、みんなでいただきました!

 

 本当にいい天気になりました!

 これはいいキャンプ日和だ!

 では、これから「ターキーズハウス」に向かいまぁ〜す!

 

 備忘録

 

【 4月15日(金) 】

 

自宅21:15→(R246)→三島市→(R1)→富士市→道の駅富士川楽座→(県10・190)→(R52)→富沢IC→(中部縦断自動車道・無料区間)→下部川温泉早川IC→0:34道の駅みのぶ富士川観光センター

 

この日の走行距離:牽引あり135km+牽引なし0km=135km

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村